代替たんぱく質

「見分けがつかない」という評価の植物ベース代替アイスクリームを開発したフードテック企業Eclipseについて解説

  • 今までの乳製品アイスクリームと見分けがつかないという評判
  • アレルギー成分を含まない植物ベース代替アイスクリームの開発に成功
  • 設立者が代替たんぱく質の専門家
  • いくつかの企業と提携、コラボメニューを展開
  • 数分経っても溶けないアイスクリームという意見もあり

概 略

植物を素材にして独自製法で代替ミルクを作り、植物性の代替アイスクリームを開発したベンチャー企業Eclipse Foodsを解説。

創設者の2人は代替タンパクに関してはエキスパートという組み合わせ。

設立1年で他のアイスクリーム企業と提携して、ヴィーガンアイスクリームとして製品を展開。

Eclipse 植物ベース代替アイスクリーム出典:https://shop.eclipsefoods.com/

Eclipse Foods(エクリプス・フーズ)

https://www.eclipsefoods.com/

2019年1月にAylonSteinhartとThomasBowmanの2人に共同設立。

同年5月にシード資金調達で15万ドル(約1500万円)をベンチャーキャピタル企業Aera VCY Combinatorから資金を調達。

創設者の2人は代替タンパク質専門家

AylonSteinhartは代替タンパク質業界のエキスパート。植物ベースの分野で世界的に有名な非営利団体グッドフードインスティテュートに在籍。

ハーバード、MIT、エール大学などの会議や大学の食品イノベーションについて講演した経験を持つ。

Thomas Bowmanは、ミシュラン星を獲得したレストランのシェフを務めた後、JUST社の製品開発ディレクター、植物ベースの代替食品の開発、販促のキャリアを持つ。

Aylon Steinhart(右) Thomas Bowman(左)出典:https://www.eclipsefoods.com/about-us
Aylon Steinhart(右)Thomas Bowman(左)

Eclipse設立支援者

Eclipse植物ベース代替アイスクリーム

Eclipseは植物素材をメインに独自のブレンドを行い、分子レベルで牛乳を複製。従来の乳製品と同じ味、風味、機能性を追求。植物性で牛乳と見分けがつかないミルクを開発。同社は特許出願中。

動物性を取り除いているため、家畜産業による資源の大量消費や土地、水の問題がなく、持続可能性が高いとされている。

ヴィーガンアイスクリーム出典:https://www.eclipsefoods.com/partner-with-us

主原料はオート麦、とうもろこし、ジャガイモ、キャッサバ、有機サトウキビ、非GMOカノーラオイル。ナッツ・大豆不使用、遺伝子組み換えを使用していないため、アレルギー成分を含まず、優れた代替食と言えます。

加えて、原料に使用している素材が低コストであるため、企業活動のスケールアップに多額の資本が必要ないという利点もあります。

最高経営責任者のAylonSteinhartは

「私たちは、目標達成のために高価なバイオテクノロジーを使用していません。」「私たちは植物を使い、機能的に植物タンパク質に関する世界クラスの専門知識と、非常に簡単な方法で植物をブレンドする方法を使用しています。」

引用抜粋:https://techcrunch.com/2019/11/07/plant-based-dairy-replacements-are-coming-to-ice-cream-pints-in-san-francisco-and-new-york/

と述べています。

Eclipseは最初の製品をアイスクリームとしてリリースしましたが、ベースとなる植物性の代替ミルクは、牛乳と同じ機能性を持たせているため、チーズやバター、クリームの代替食品の素材として使えます。

他社との提携

2019年、アイスクリームブランドHumphry SlocombeとOddfellowsの2社がラインナップにEclipseFoodsの植物ベースのアイスクリームを取り入れる契約を結びます。

2020年の7月に有名なシェフと限定コラボレーションシリーズを発表、夏の期間中の収益を慈善団体に寄付しています。

Eclipse ice cream chef collaboration flavors出典:Eclipse ice cream chef collaboration flavors

ヴィーガンメディア「green queen」によると2020年11月26日にEclipseFoodsがシリーズAの資金調達で1200万ドル(約12億円)調達したとしています。

また独自チャンネル(D2C)で販売網の構築(11月30日販売開始)を開始。

新しい資金でチーズやクリーム、ヨーグルトの味を再現した植物ベースの代替食品を開発、分野の拡大を計画するとのことです。

 

投資家たちの関心の集まる代替アイスクリーム業界で、存在感のあるフードテック企業は他にもあります。

元ネスレディレクターグループが支援するスペインのスタートアップ企業ピンクアルバトロス

 

発酵技術を用いて乳タンパク質を作成して、牛に頼らずにアイスクリームを作ったフードテック企業パーフェクトデイ。今年初めに記録的な資金調達3億ドルを記録。

実際の感想

今までのアイスクリームと見分けがつかないという評価のあるEclipseのアイスクリーム。

Humphry Slocombeでコラボメニューを食べたレポーターのMadeline Wellsは実際に食べた感想を次のようにまとめています。

“確かに、本物のように見えましたが、質感はネバネバしたグミでした。アイスクリームというよりクッキー生地のようなものです。本物のアイスクリームは数分後に溶け始め、スプーンから滑り落ちてクリーミーな美味しさのプールになりますが、Eclipse Foodはアイスクリームですか?数分間溶かした後、激しく振ったにもかかわらず、スプーンにしっかりとくっついていました”

抜粋引用::https://www.sfgate.com/food/article/Eclipse-Foods-ice-cream-Humphry-Slocombe-non-dairy-14821134.php#photo-18581336

まとめ

今までの乳製品アイスクリームと「区別がつかない」という評判がつくほどの植物ベースのアイスクリームを開発した企業Eclipse。

原料のこだわりや規模拡大を考えた創設者の視野の広さ。この企業の支援者たちの期待値の高さが伺えます。

とはいえ、まだまだ製品そのものに改善の必要があるようで、辛口な評価も。

今後、もっとリアルな「見分けのつかない」植物性ベースの代替アイスクリームの登場が待たれます。

しかし、わずか1年ちょっとで他のアイスクリーム企業と提携できるまでに至る成長スピードは凄まじい。

参考

https://www.greenqueen.com.hk/indistinguishable-vegan-ice-cream-maker-eclipse-foods-ruses-star-studded-us12m-series-a/

https://www.prnewswire.com/news-releases/eclipse-ice-cream-kicks-off-summer-with-notable-chef-collaborations-nationwide-301090099.html

https://techcrunch.com/2019/11/07/plant-based-dairy-replacements-are-coming-to-ice-cream-pints-in-san-francisco-and-new-york/

https://www.crunchbase.com/organization/eclipse-foods/signals_and_news

https://www.sfgate.com/food/article/Eclipse-Foods-ice-cream-Humphry-Slocombe-non-dairy-14821134.php#photo-18581336

アイキャッチ画像出典:https://www.eclipsefoods.com/

ABOUT ME
Junichi
新しい「食に関する常識」フードテックをわかりやすく要約記事にして配信。twitterで箇条書きで毎日配信 取扱うジャンル: ゴーストキッチン・代替タンパク・キッチンロボ・アグリテックなど 経歴: 大手二輪中古販売店でバイク整備士▶︎ANAの傘下の国際物流部門で貿易業務▶︎日本橋で寿司職人▶︎カナダで海運業務▶︎帰国▶︎外資系倉庫型小売店▶︎パラレルワーカー