代替たんぱく質

2020年に代替タンパク質業界に31億ドルの投資資金が集中、US非営利団体GFIレポート

  • 非営利団体Good Food Instituteのレポート「持続可能な代替タンパク質の市場の勢い
  • 2020年に31億㌦が投資資金集まり、2019年と比較すると3倍の額
  • 代替タンパク質業界がサプライチェーンと関わる企業と提携することが必要だと分析

 

代替タンパク質市場

Good Food InstituteImage Source:https://gfi.org/

アメリカの非営利団体Good Food Institute(グッドフードインスティテュート:GFI)より新しいレポートが発表されました。

内容は2020年に31億㌦が投資された「持続可能な代替タンパク質の市場の勢い」について

去年1年間の投資額は、2018年と比較すると4.5倍2019年と比較で3倍の資金が投資されたということです。

しかも、過去10年間で代替タンパク質の企業が調達した投資総額が59億㌦といわれ、半分以上の投資資金は去年のうちに集まったということになります。

Good Food Institute(グッドフードインスティテュート:GFI)Image Source:https://gfi.org/

振り返ると、2020年はコロナ大流行によって、植物肉(プラントベースの代替肉)の売上が急増。それによって植物肉の認知が一気に広がりました

 

身近のものを例にあげると、オーストラリアの代替肉企業V2foodがバーガーキングと提携し、新メニュー「プラントベースワッパー」を展開。

日本では無印良品が「大豆ミート」の販売を開始、プラントベースの代替肉が身近な食品となりました。

 

投資家であるJim Mellon(ジム・メロン)氏よると、2021年は細胞培養肉が飛躍するとコメントしています。それはこれから分かることになるでしょう。

Moo’s Law author Jim Mellon Image Source:https://www.transitionearth.co/ Jim Mellon の出版した培養技術に関する投資について書かれた書籍

投資が集中したプラントベース・細胞培養・発酵

プラントベースの代替肉、代替卵、乳製品

投資額の概要Image Source:https://gfi.org/

 

2020年は植物肉の需要と認知が一気に進んだ年となり、プラントベースの代替肉、代替卵、代替乳製品の企業は合計21億㌦の投資があったということです。

 

この額はこれまでの年間の投資額で最も多い額となり、2019年の年間の投資額6億6700万㌦の3倍以上になります。

なかでも巨額の投資となったのは、Impossible Foods(インポッシブルフーズ)の7億㌦の資金調達シリーズFの5億㌦シリーズGで2億㌦)。

Impossible foods ingredientsImage Source:https://www.impossiblefoods.com/

 

細胞培養肉

細胞培養肉の開発している企業全体の投資額は、3億6000万㌦以上。2019年に調達された投資額の6倍ほど。

そのなかで大きい資金調達は、Memphis Meats(メンフィス ミーツ)のシリーズBの資金調達1億8600万㌦。

メンフィスメートの培養肉Image Source:https://www.memphismeats.com/

2019年に増殖培地のコストを大幅削減(80分の1)に成功したMosa Meat(モサミート)の複数回のシリーズBの資金調達8500万㌦(2020年に7500万㌦、2021年2月に1000万㌦を追加で調達)。

 

発酵(微生物発酵)

第3の柱」と呼称される代替タンパク質には、5億9000万ドルの投資が集まり、2019年と比較すると2倍以上の投資となりました。

アニマルフリー乳製品Image Source:https://perfectdayfoods.com/

大きな資金調達は、分子構造的には同一の乳タンパク質の作成に成功し、アニマルフリーの乳製品を生産するPerfect DayシリーズC 資金調達3億㌦

 

細菌発酵ベースのタンパク質製品Image Source:https://www.naturesfynd.com/

温泉の微生物からたんぱく質を作りだし、最初の製品をリリースしたNature’s Fynd(シリーズB 資金調達8000万㌦、その後に4500万㌦資金調達)

代替シーフード

代替シーフードについては独自の投資の動きがあるとGFIのレポートでは分析されています。

GFIのレポートでは、代替シーフードというカテゴリーで分けられおり、代替シーフードの主原料がプラントベース細胞培養微生物発酵のどれであっても「代替シーフード」という1つのカテゴリーに含まれています。

 

全体の投資資金は、ほかの代替タンパク質業界と比べると大きくないものの、代替シーフード企業全体で8000万㌦の投資資金を調達。

プラントベースシーフードImage Source:https://goodcatchfoods.com/

代表的な資金調達では、プラントベースのシーフード企業Good Catch(シリーズB 資金調達3700㌦)です。

 

GFIはサプライチェーン関わる企業と提携を支援

Good Food Institute(グッドフードインスティテュート:GFI)は、市場での家畜肉との競争について、代替タンパク質業界がサプライチェーンと関わる企業と提携することが必要と分析しています。

既存のサプライチェーン企業

代替タンパク質が消費者とって、手ごろで買いやすい環境を整えてやることで多くの選択肢を消費者に提供し、より柔軟性のある食料供給と持続可能性、雇用創出につながるとしています。

プラントベース冷凍食品

GFIレポートの主張

2020年は「代替タンパク質業界は急激な成長をした年であり、大きな可能性を示した年でもある」としています。

GFIは、世界人口に持続的な食料供給ために、代替タンパク質へのシフト公的部門民間部門の両方からの投資の必要性、脱炭素のために大幅な家畜肉生産の削減が必要をしています。

 

2021年の代替タンパク質業界については、いくつか大胆な予想がされており、それが実現すると、今までの「食の常識」がさらに変化するでしょう。

 

参 考

メディア情報

メディア「The Spoon」

https://thespoon.tech/gfi-3-1-billion-invested-in-alternative-proteins-in-2020-tripling-the-money-raised-in-2019/

統計データ・調査データ

https://gfi.org/blog/2020-state-of-the-industry-highlights/?utm_source=Email&utm_medium=Email&utm_campaign=SOTIR_Media_Release

 

ABOUT ME
Junichi
新しい「食に関する常識」フードテックをわかりやすく要約記事にして配信。twitterで箇条書きで毎日配信 取扱うジャンル: ゴーストキッチン・代替タンパク・キッチンロボ・アグリテックなど 経歴: 大手二輪中古販売店でバイク整備士▶︎ANAの傘下の国際物流部門で貿易業務▶︎日本橋で寿司職人▶︎カナダで海運業務▶︎帰国▶︎外資系倉庫型小売店▶︎パラレルワーカー