代替たんぱく質

植物ベースの代替シーフード「Toona」と「Salmoon」を開発したHooked Foods

  • 植物ベース代替シーフードToonaをスウェーデン全土で販促
  • 世界初の植物ベース細切りサーモンを開発中
  • 市場に空白がある植物ベース代替シーフードの市場を狙う

スウェーデンの植物ベース代替マグロ Toona

スウェーデンのスタートアップ企業:Hooked Foodsは2021年春に植物ベースのマグロToona(トゥーナ)」をスウェーデン全土で販売を開始予定。

この計画を進めるため、Hooked Foodsはオスロ拠点のKatapult Ocean、フードテックインキュベーターProVeg、主要投資家に資金調達の呼びかけを行い、500万クローナ(約6100万円)の資金を集めたと12月16日に発表しました。

 

加えて、Hooked Foodsは世界初の植物ベースの細切りサーモンSalmoon(サルムーン)」を開発しており、2020年初めに製品化の最終段階であることを発表。

市場に空白となっている「植物ベース代替シーフード」の需要を満たすことを期待されるHooked Foodsとその製品を解説します。

空いている植物ベース代替シーフードの市場

非営団体Good Food Institute(GFI)の植物ベース代替肉についてのレポートよると、2019年の植物ベース代替肉の総売上は9億3900万ドル。過去2年間で小売店の売上は38%増しという成長ぶりです。

植物ベース代替肉の売上出典:https://www.gfi.org/marketresearch

そのなかで植物ベース代替シーフードの売上は950万ドルと小規模。

しかし、植物ベース代替シーフードに対して消費者の関心が低いわけでないとGFIと分析。

GFIは消費者の需要と製品の供給にギャップがあり、このギャップを「ホワイトスペース(White space)」と呼んでいる。

つまり、このギャップを埋める製品が植物ベース代替シーフード市場で大きなシェア取っていくものと予想できます。

スタートアップ Hooked Foods

Emil WastesonTom Johanssonの2人が創設者。

Emil WastesonとTom Johansson出典:https://www.hookedfoods.com/

今年にフードテックのスタートアップを支援するインキュベーターProVegに参加。立上げの資金として15万ユーロを受けている。

植物ベース代替マグロ製品「Toona」は消費者から良い評価を得られており、Hooked Foodsの製品へのこだわりが反映している。

Emil Wastesonは自社の製品について

“私たちは海洋の生態系と人の健康の両方に大きな影響を与えることができる。最初の1年で既に私たちは1,000tのCO2節約と50,000匹のサーモンとマグロを救っている”

一部引用抜粋:https://vegconomist.com/startups/hooked-seafood-developer-of-worlds-first-plant-based-shredded-salmon-secures-investor-for-nordic-market-launch/

と述べている。

植物ベースの代替マグロ Toona

主原料は大豆、ヒマワリ油、藻類を組み合わせ、オメガ3脂肪酸を含む高タンパク質を誇っている。

植物ベースの代替マグロ Toona出典:https://www.greenqueen.com.hk/hooked-foods-raises-usd-600k-to-fuel-plant-based-tuna-launch-across-sweden/

TonnaはEspresso HouseSushi YamaHawaii Pokéのレストランでテストされ、いずも高評価をされています。2020年10月の段階では大規模生産はできない状況でしたが、2021年にはスウェーデン全土の飲食店で販売を開始する計画です。

世界初の植物ベースの細切りサーモン「Salmoon」

植物ベースの細切りサーモン「Salmoon」出典:https://www.hookedfoods.com/

Hooked FoodsのToonaの次に市場に投入しようとしているが、植物ベースの細切りサーモン「Salmoon」。

製品開発の最終段階であることを10月の段階で公表しており、来年にはToonaと同じくスウェーデンで販売が開始されると見込まれる。

 

今回の資金調達でHooked Foodsは、植物ベース代替シーフードのヨーロッパ市場へ進出計画を発表。空いているヨーロッパ代替シーフードの主要メーカーになる計画です。

Hooked Foods資金調達に参加したKatapult OceanのCEO:Jonas Skattum Svegaardenは

代替シーフードはこれからやってくるメガトレンドです。~中略~Hookedチームは意欲、熱意と戦略的視点を兼ね備えている。彼らは変化を起こすためにここいて、我々は彼らをサポートすることを誇りしている。

一部引用抜粋:https://vegconomist.com/startups/hooked-seafood-developer-of-worlds-first-plant-based-shredded-salmon-secures-investor-for-nordic-market-launch/

とコメントしている。

まとめ

今のところ植物ベース代替肉で注目を集める製品は「ハンバーガー」。植物ベースのシーフードの話題はあまり聞かない。

その満たされていない需要と空いているポジションを代替シーフード「Toona」と「Salmoon」で取りに行こうとしているHooked Foods

まだ、代替シーフードに話題は少ないですが、近いうちにこの企業の名前が広まる可能性が高い。

 

参 考

https://www.hookedfoods.com/

https://www.breakit.se/artikel/26382/hooked-vill-ta-over-varlden-med-fuskfisk-odlingarna-ar-maxade-till-gransen

https://vegconomist.com/startups/hooked-seafood-developer-of-worlds-first-plant-based-shredded-salmon-secures-investor-for-nordic-market-launch/

https://thespoon.tech/hooked-foods-secures-600k-for-plant-based-tuna/

https://newsroom.notified.com/venture-cup-2/posts/pressreleases/affarsideerna-med-storst-potential-i-regionen

https://www.gfi.org/marketresearch

https://provegincubator.com/

ABOUT ME
Junichi
新しい「食に関する常識」フードテックをわかりやすく要約記事にして配信。twitterで箇条書きで毎日配信 取扱うジャンル: ゴーストキッチン・代替タンパク・キッチンロボ・アグリテックなど 経歴: 大手二輪中古販売店でバイク整備士▶︎ANAの傘下の国際物流部門で貿易業務▶︎日本橋で寿司職人▶︎カナダで海運業務▶︎帰国▶︎外資系倉庫型小売店▶︎パラレルワーカー