オペレーション

既存のキッチン作業を自動化するロボットアームとAIロボティクスベンチャー企業DexaiRoboticsを解説

キッチンロボット:Alfred
  • 大掛かりな工事がいらない設置型のロボットアームを持つAlfred
  • 一般的な調理器具を使い、料理を盛り付け、提供
  • 最初のアイディアはレストランオーナーの悩みから

スタートしたばかりのAIロボ企業

既存のキッチンに置き、サラダ、アイスクリームなどの盛り付けをしてくれるキッチンロボット:Alfred(アルフレッド)

AIロボット企業を立ち上げた2人の創業者は最初のアイディアをレストランオーナーの話しから思いつく。

キッチン作業をオートメーション化して、従業員が単純作業に追われることなく、顧客へサービス向上に集中できるための解決策。

2020年5月にシード資金調達で550万ドルの資金を調達、始まったばかりのAIロボット企業を解説。

キッチンロボ アルフレッド出典:https://www.bostonherald.com/2020/03/06/somerville-robotics-company-looks-to-transform-food-industry-with-robot-sous-chef/

キッチンで自動化が必要な理由

2018年の全米レストラン(NRA)協会の調査で、企業の37%が従業員の採用が一番の課題と答えている。

2019年にはレストランオーナーの51%が、運用上の課題はスタッフの雇用とトレーニングであると答えている。

飲食業界は特有の収益性の低さがあり、人手不足だからと言って賃上げをすることが難しい。

ベテランシェフ出典:Free-PhotosによるPixabayからの画像

また、一流のシェフへの需要は高いものの…それを満たすだけの人手は常に不足している。これは飲食業界への関心の低さも相まっている。

DexaiRoboticsの共同創設者2人は何度も「レストランオーナーが人いない、雇えない」という話し聞いた時に、このアイディアを思いついたという。

Dexai Roboticsの顧問で全米レストラン(NRA)協会の元会長MichaelKaufmanはレストラン業界の人手不足に関して次のように述べている。

レストラン業界は深刻な労働力不足に直面しており、オペレーターは従業員の採用と維持を最大の課題として認識しています…中略…(人手不足を解決する)兆候はないようです。

Alfredは、レストランの経営者が検討できる、印象的で思慮深く設計されたソリューションです。

引用抜粋:https://www.businesswire.com/news/home/20200305005216/en/Dexai-Robotics-Announces-Oversubscribed-Funding-Round-to-Launch-Alfred-a-Robotic-Sous-chef

AIロボット スタートアップ企業 DexaiRobotics

2018年にDavid MS JohnsonAnthony Tayounによって設立。

創設者 David Johnson(左)Anthony Tayoun (右)創設者 David Johnson(左)Anthony Tayoun (右) 出典:https://www.bostonherald.com/2020/03/06/somerville-robotics-company-looks-to-transform-food-industry-with-robot-sous-chef/

2020年5月にシード資金調達で550万ドルの資金を調達。この投資には

などの投資団体が含まれる。

AIロボット:Alfredアルフレッド)

ロボットアーム式のAlfredは、一般的な料理器具をそのまま使いこなし、作業を行います。

ロボットアーム Dexai_Robotics出典:https://www.businesswire.com/news/home/20200305005216/en/Dexai-Robotics-Announces-Oversubscribed-Funding-Round-to-Launch-Alfred-a-Robotic-Sous-chef

Alfredの作業の流れ:

  • 搭載されたカメラが調理器具を判断
  • 適切な道具(トング、アイスクリームクリーパー)を選び
  • 食材を拾い上げ、盛り付けて、提供

食材を拾い上げるまでの時間は8秒未満(1回当たり)、Alfredの対応可能な料理は数分で組み立てられる

カタログダウンロード(PDF形式)はこちら

設置工事が不要でキッチンを改装することなく、そのままキッチン作業をオートメーション化。

2019年12月にマサチューセッツ州の複数のレストランでテストを開始。

創設者の2人は「完璧なステーキを料理できる」ようにしたいと述べている。さらに四半期ごとに新しい機能を搭載し展開予定。

まとめ

飲食の人手不足の解決策を示すDexai Robotics。既存のキッチンに設置するタイプのロボットでルーティン化されたタスクを任せ、従業員はサービス向上に集中できる。

飲食を経験したことのある人は想像しやすいことでしょう。キッチンで毎日のように決まりきった「だれでもやれる仕事」。それをロボットがやってくれたら…どれだけ楽か。

来年にはさらに機能が充実したロボットAlfredが発表されそうです。

参考

https://www.businesswire.com/news/home/20200305005216/en/Dexai-Robotics-Announces-Oversubscribed-Funding-Round-to-Launch-Alfred-a-Robotic-Sous-chef

https://www.bostonherald.com/2020/03/06/somerville-robotics-company-looks-to-transform-food-industry-with-robot-sous-chef/

https://www.unite.ai/anthony-tayoun-co-founder-coo-of-dexai-robotics-interview-series/

https://pos.toasttab.com/blog/on-the-line/how-to-handle-the-restaurant-industry-labor-shortage

https://www.crunchbase.com/organization/dexai-robotics/signals_and_news

ABOUT ME
Junichi
新しい「食に関する常識」フードテックをわかりやすく要約記事にして配信。twitterで箇条書きで毎日配信 取扱うジャンル: ゴーストキッチン・代替タンパク・キッチンロボ・アグリテックなど 経歴: 大手二輪中古販売店でバイク整備士▶︎ANAの傘下の国際物流部門で貿易業務▶︎日本橋で寿司職人▶︎カナダで海運業務▶︎帰国▶︎外資系倉庫型小売店▶︎パラレルワーカー