代替たんぱく質

「チキンのテスラ」と呼ばれる植物ベースのチキンナゲットを開発したSIMULATE

植物ベース代替チキンナゲットNUGGS 2.0
  • 製品を顧客のフィードバックを基にして短期間で製品を改良
  • 創設者は「ハイテク神童」ブランドイメージは「鶏肉のテスラ」
  • 新商品の名前は国内外で起きている大手食肉産業やロビイストの批判を回避する思惑

アップデートされる植物ベースの代替チキンナゲット

2020年12月、ニューヨークのスタートアップSIMULATEは新しく追加するヴィーガンチキンパティ製品「DISCS」を発売。

消費者からの肯定的なフィードバックの多い植物ベースの代替チキンナゲット「NUGGS2.0」の販売に続く新商品の追加。

製法に改良と新しい技術を加えて、絶えず製品の完成度を上げるSIMULATEは、60を超える消費者のフィードバックと洞察を最大限に利用して製品を従来の鶏肉に近づけ、模倣する。

製品の「更新」をしていく自社の在り方をソフトウェア企業のようだとコメントしている。

HPの商品カタログにも「Verson2.0」という、まるでソフトウェアのような表記をするスタートアップ企業。

NUGGSのバージョン出典:https://simulate.dev/

鶏肉のテスラ

創設者のBen Pasternakは「ハイテク神童」と言われ、19歳でスタートアップを2018年に設立。2019年7月に最初の植物ベースのチキンナゲット「NUGGS」の販売を発表。

Ben_Pasternak出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Ben_Pasternak

カナダのジャガイモ加工とナゲットを製造する業界大手McCain Foodsが主導したシリーズA資金調達で700万ドル(約7億円)の資金を調達。

  • Rainfall Ventures
  • Greylock Discovery
  • Maven Ventures
  • NOMO Ventures
  • M Ventures
  • ACME Capital
  • MTV創設者であり、iHeartMediaのCEOであるBob Pittman
  • Casper創設者兼COOのNeil Parikh
  • Tumblr前社長John Maloney

が資金調達に参加。

設立当時からBen Pasternakは製品開発に独自のアプローチを採用しており、アプリ開発のように「NUGGS1.0」を消費者のフィードバックに基にして改善、更新される方法をとっている。

NUGGSは高度なテクスチャーエンドウ豆タンパク技術を使用して食感、歯ごたえ、味を模倣。

その後、数回の「バージョンアップ」を行い、新しい資金と生産ライン、技術者とともにブランド名「SIMULATE」に変更する。

製品がバージョンアップしていくことから「鶏肉のテスラ」というブランドイメージを確立する。

顧客の意見から改良され続けてNUGGSVerson2.0となり、YouTube動画やInstagramで話題を呼んだ。

実際、手頃な価格で、正直なところ、天国のようなにおいがし、通常のナゲットのようにカリカリで、まともな味がします。

NUGGS1.6とNUGGS2.0の比較動画

1.6と2.0を料理して食べて比較。1.6の味が鶏肉として不完全であることを指摘し、2.0の少し味が改善されていることをコメントしている。

商品名に一工夫の「DISCS」

新しく追加した「DISCS」は「NUGGS Verson2.0」のフィードバックと経験から開発。原料に大豆と小麦タンパク質を使用して風味、繊維を再現、「区別がつかない」といわれる。

さらに商品名に「DISCS」と付けることで、大手食肉産業ロビイストからの批判をかわす狙いがある。

代替チキンナゲット出典:https://simulate.dev/

コロナ大流行のあとに北米、ヨーロッパの市場調査で数値となって表れた消費者の食への変化。植物ベースの代替食品を好んで買い、従来の動物肉を食べることを避ける「フレキシタリアンシフト」。

この動きの大手食肉産業ロビイストが商品名に「ハンバーガー」、「ソーセージ」、「ステーキ」といったいわゆる「肉製品というべき肉用語」。それを植物ベースの代替肉製品につけることを禁止する動きをみせている。フレキシタリアンシフトへの対抗策として資金を投入し、キャンペーン活動を実施。

2020年10月23日、EUはこの提案に対して、植物ベース代替食品が「肉用語」を使用しても、消費者を誤解させることはないという認識をして、そのような用語を使い続けることを許可する投票をしている。

次の製品は飲み物?ソース?

DISCSも消費者のフィードバックによりアップデートが行われ、より本物のチキンパティに近づいていくことになるでしょう。

従来の食料を開発する企業とは異なり、「フードテック企業」という名にふさわしいテクノロジーを駆使して製品アップデートを続ける企業SIMULATE

HPでは次に「Secret Project」としてボトルに入った製品が予定されている。

ボトルに入った製品が予定出典:https://simulate.dev/

参 考

https://www.greenqueen.com.hk/tesla-of-chicken-foodtech-simulate-launches-new-plant-based-discs/

https://vegnews.com/2020/12/these-new-plant-based-patties-undergo-software-updates-to-mimic-chicken

https://techcrunch.com/2020/07/09/nuggs-rebrands-as-simulate-with-new-cash-a-new-cto-and-an-expanded-line-of-faux-meat-foods/

https://thespoon.tech/nuggs-launches-mail-order-plant-based-chicken-nuggets/

https://www.crunchbase.com/organization/simulate/signals_and_news

ABOUT ME
Junichi
新しい「食に関する常識」フードテックをわかりやすく要約記事にして配信。twitterで箇条書きで毎日配信 取扱うジャンル: ゴーストキッチン・代替タンパク・キッチンロボ・アグリテックなど 経歴: 大手二輪中古販売店でバイク整備士▶︎ANAの傘下の国際物流部門で貿易業務▶︎日本橋で寿司職人▶︎カナダで海運業務▶︎帰国▶︎外資系倉庫型小売店▶︎パラレルワーカー