代替たんぱく質

IKEAが2025年までにレストランメニューの50%以上を植物ベースの料理に

イケア植物ベース代替食
  • IKEAレストランメニューの50%以上を植物ベースの料理にする
  • 消費者の最大の関心事がサステナビリティ(持続可能性)
  • 5年以内にパッケージ食品の80%を植物ベースの代替食にする

IKEAの取り組み

持続可能性の推進のために、家具大手のIKEAが2025年までにレストランメニューの50%以上を植物ベースの料理にすることを宣言。

加えて、5年以内にパッケージ食品の80%を植物ベースの代替食にする。

11月23日、世界最大の家具小売業IKEAはこのような新しい食品への取り組みを発表。

レストランメニューの半分とパッケージ食品の80%を、消費者にとって「健康的で持続可能な食品をより手頃で望ましいものにするための次のステップを踏み出している」と述べる。

2019年で6億8000万人以上の顧客が世界中のレストランやビストロでイケア食品を購入。

巨大家具企業の働きで大幅な炭素節約につながる可能性がある。

イケアレストラン出典:https://newsroom.inter.ikea.com/news/ikea-announces-better-chicken-programme-for-more-sustainable-agriculture/s/e316a656-8bb2-42a9-942b-5fe5fd742b10

さらに同社はレストラン全体で提供される赤身の肉料理の量を20%未満に削減。

牛肉や羊肉は、温暖化ガス排出量が最も多い肉であり、大量のメタンと二酸化炭素を大気中に放出。食肉生産のために森林破壊、水質汚染、資源の枯渇の原因の1つとなる。

牛肉と持続可能性出典:nositaによるPixabayからの画像

オスロを拠点とする非営利のEATからの報告によると、20の経済国が食肉と乳製品の消費量を大幅に削減すると、世界の食料の総炭素予算の40%が削減の可能性がある。

イケアの考える持続可能性

イケアスウェーデンのサプライのマネージングディレクターであるPetervan der Poelは

「真に持続可能なフードシステムは、美味しくて栄養価が高く、責任を持って生産された食品に基づいている必要がある。できるだけ多くの人が利用できる健康的で持続可能な食品の選択肢を利用できるようにしている。」

引用抜粋:https://www.greenqueen.com.hk/ikea-pledge-50-of-its-restaurant-dishes-will-be-plant-based-by-2025/

と述べ。

インターイケアグループの最高持続可能性責任者であるLenaPripp-Kovacは

「よりサステナビリティ(持続可能性)のある選択は少数の人々にとっての贅沢であってはならない。人々の日常生活の一部であるべき。」

引用抜粋:https://www.marketwatch.com/story/ikea-to-make-half-of-its-restaurant-meals-plant-based-by-2025-11606143754#:~:text=Furniture%20retailer%20IKEA%20said%20Monday,%2Dbased%2C%20the%20company%20said.

と述べている。

HUVUDROLLプラントボール

HUVUDROLLプラントボール出典:https://www.ikea.com/jp/en/stores/restaurant/?itm_campaign=smoothie&itm_element=FoodBanner&itm_content=en

植物ベースのミートボール製品、黄エンドウ豆タンパク質、オート麦、ジャガイモ、タマネギ、リンゴから作られた「植物ボール」。二酸化炭素排出量の4%しかないとしている。

伝統的なミートボールスタイルから、スウェーデンのチェーン店は準菜食主義者もターゲットでき、より持続可能な選択肢を用意できるとしている。

イケヤの世論調査

イケヤが実施した世論調査(27か国、27,000人対象)で消費者の75%が環境への影響を大幅に減らしたいと考えている。

もし味、価格、栄養に見合った製品がある場合、多くは植物ベースに切り替えたいと考えている。この調査で消費者の最大の関心事がサステナビリティ(持続可能性)なっていることが明らかになった。

世界の流れ

植物ベースの代替食の波に乗るために、世界大手の食品業界は肉を使わない製品に全面的に取り組んでいる。

世界大手ユニリーバは、2027年までに植物ベースの代替肉および乳製品カテゴリーの世界年間売上目標を10億ユーロ(約1200億円)を目指す。

マクドナルドピザハットKFCバーガーキングなどの大手ファーストフードも、さまざまな提携を結び、メニューに植物ベースのアイテムを追加、展開している。

参考:

https://www.marketwatch.com/story/ikea-to-make-half-of-its-restaurant-meals-plant-based-by-2025-11606143754#:~:text=Furniture%20retailer%20IKEA%20said%20Monday,%2Dbased%2C%20the%20company%20said.

https://www.greenqueen.com.hk/ikea-pledge-50-of-its-restaurant-dishes-will-be-plant-based-by-2025/

アイキャッチ画像出典:https://www.ikea.com/jp/ja/stores/restaurant/

ABOUT ME
Junichi
新しい「食に関する常識」フードテックをわかりやすく要約記事にして配信。twitterで箇条書きで毎日配信 取扱うジャンル: ゴーストキッチン・代替タンパク・キッチンロボ・アグリテックなど 経歴: 大手二輪中古販売店でバイク整備士▶︎ANAの傘下の国際物流部門で貿易業務▶︎日本橋で寿司職人▶︎カナダで海運業務▶︎帰国▶︎外資系倉庫型小売店▶︎パラレルワーカー