代替たんぱく質

BioTech Foodsの培養肉の調査プロジェクトにスペイン政府が資金を供与

BioTech Foods チキンカツレツ
  • BioTech Foodsの主導で培養肉の健康上の利点を調査するプロジェクト「CULTUREDMEAT」が立ち上がる
  • スペイン政府はこのプロジェクトに資金520万ユーロ(約6億円)を供与
  • 従来の動物肉より培養肉が健康上の成分で有利という結果となれば、培養肉が一気に普及する可能性がある

培養肉企業:BioTec Foods のプロジェクトにスペイン政府が資金供与※Webページからも音声はご視聴いただけます。

細胞培養された肉は動物肉より安全か?

BioTech Foodsが培養肉の健康上の利点を調査するプロジェクト「CULTUREDMEAT」を立上げた。このプロジェクトにスペイン政府は資金520万ユーロ(約6億円)を供与すると発表しました。

このプロジェクトでは培養肉に含まれる健康上のリスク(高コレステロールや特定の癌の発生リスクの増加など)と、従来の動物肉の一般的な健康上のリスクを判断するもの。

動物の肉

プロジェクトの必要な時間など不明となっていますが、BioTech Foodsはこのプロジェクトの終わりまでに培養肉が、従来の動物肉より「健康的な成分を含んだ培養肉のすること」を目指している。

 

38万㌦の培養肉が10㌦の培養肉になるまで

2013年8月に世界初の培養肉が披露され、その培養肉の製作費が38万㌦(約4000万円)という高価なものだった。

2019年には「培養肉が2年以内に10㌦でスーパーの食品棚に並ぶ」と培養肉を研究するスタートアップ企業は語った。

スーパーの食品棚

現在の培養肉製造にかかるコストは劇的に下がっている。理由は生産規模の違い、さらに安価にするには商業化にするだけの十分な生産力を持つ施設が必要となる。

BioTech Foodsの共同創設者のMercedes Vila氏は「2021年までには生産規模を拡大し、規制当局から承認を得たい」とコメントしたのが2019年7月

培養肉の普及には規制当局の承認ともう1つ、重要な要素「培養肉が健康上、従来の動物肉より優れている」ということが重要になる。

 

BioTech Foodsの培養肉

BioTech Foodsは生きた動物から、害を加えることなく細胞を抽出。その細胞を培養、増殖させて培養肉となる元を作っている。その後、筋肉組織にする工程に入り、用途に応じた肉の類似品を作成する材料となる。

細胞抽出

費用対効果が優れた培養肉にするためには、細胞に栄養を与えるときに使用される成分。この成分を今回のプロジェクトでBioTech Foodsは開発しようとしている。

BioTech Foods が主導で立ち上げた「CULTUREDMEAT」にはBDI BiotechNeoalgaeArgalマドリッド自治大学オビエド大学バルセロナサイエンスパークセビリア大学グラナダ大学などが参加。

 

細胞培養で用いるタンパク質や健康的な脂肪、機能性成分を研究、開発。最終的にはガンなどの予防に役立つハンバーガーやソーセージなどを培養肉の製品の作成を目的にしている。

すでBioTech Foodsの培養肉ブランドは「Ethicameat」立上げ、いくつかの種類の培養肉が生産している。最初のプロトタイプは「ミートボール」と「チキンカツレツ」などがあるが、このプロジェクトの結果次第で大幅な改良が加えられる可能性は高い。

培養肉のミートバール出典:https://www.biotech-foods.com/

培養肉製品のセールスポイント

そして、BioTech Foodsの狙い通りに培養肉が従来の動物肉より健康上の成分で有利であるという結果となれば、培養肉の普及に一気に弾みがつくでしょう。

シンガポールでは世界初の培養鶏肉が販売されたとはいえ、培養肉に対する偏見はしっかりと存在している。

培養チキンナゲット出典:https://www.ju.st/

培養肉の当初のあだ名は「フランケンバーガー」、「人造肉」など今では使わないような表現が使われていた。

加えて、培養肉に対して抵抗を感じる消費者もまだ多い。このプロジェクトの結果が培養肉の普及に向けた絶好のセールスポイントとなるでしょう。

 

参 考

https://thespoon.tech/spanish-government-funds-biotech-foods-cultured-meat-project/

https://www.foodingredientsfirst.com/news/biotech-foods-led-cultured-meat-project-to-investigate-potential-health-benefits-of-slaughter-free-alternatives.html

https://www.businesstimes.com.sg/consumer/lab-grown-meat-at-us10-a-patty-give-it-2-years

https://www.greenqueen.com.hk/spains-biotech-foods-to-lead-usd-6-3m-government-backed-cultured-meat-project/

ABOUT ME
Junichi
新しい「食に関する常識」フードテックをわかりやすく要約記事にして配信。twitterで箇条書きで毎日配信 取扱うジャンル: ゴーストキッチン・代替タンパク・キッチンロボ・アグリテックなど 経歴: 大手二輪中古販売店でバイク整備士▶︎ANAの傘下の国際物流部門で貿易業務▶︎日本橋で寿司職人▶︎カナダで海運業務▶︎帰国▶︎外資系倉庫型小売店▶︎パラレルワーカー