アプリ

富士通がZippin のチェックアウトフリー「レジなし化」の独占販売代理店となり、レジなしコンビニが増えそう

zippin-store
  • Zippin (ジッピン)は富士通を日本の独占販売代理店として提携
  • 大掛かりな装置を使わず、レジなしで決済を行える仕組みを開発しているZippin
  • 2019年9月にZippin は提携先でレジなしコンビニをオープン済み
  • 富士通が披露したレジなしローソンには富士通独自の仕組みも追加

富士通が日本の独占代理販売店

2020年12月8日、Zippin(ジッピン)プレス発表で、富士通を日本の独占代理販売店として提携したとHPに掲載した。

2021年3月から富士通はZippinのチェックアウトフリー(レジなし決済)サービスの仕組みを販売開始予定。「レジなしの小売店」の普及を進める。

加えて、今後Zippinは海外へ進出を進めていくときにも、富士通との協力関係を強化することを検討すると発表している。

来年から日本だけでなく、世界的にレジ係のいない「レジなし決済」の小売店舗の普及が加速。

カメラと棚のセンサーが動きを分析カメラと棚のセンサーが動きを分析出典:
https://www.fujitsu.com/jp/reimagine/retail/article/interview01/index.html

小売店の効率化

コロナ大流行以前より「キャッシュレス決済」「レジなし店舗」のテスト運用はされてきた。

小売店での単純労働作業を減らし、効率化を図るため世界的に多くの企業が積極的に技術開発をしている。

Zippin社以外にも、レジなし店舗で有名なAmazon Go

そのAmazon Goと似たレジなし決済を開発しているスタートアップ企業AiFi

イスラエルのスタートアップ企業Trigo

これらの企業はAIとカメラから買い物客が店内からどんな商品を持っていたのかを判断し、店舗の外に出たところで決済を自動的に行う仕組みとなっている。

この仕組みがコロナの大流行で人と人が接しない「非接触」になると注目が集まった。特に小売業がこの仕組みに大いに関心がある。

Zippinのチェックアウトフリー

Zippinのチェックアウトフリーの仕組みは他社と異なる点がある。AIとカメラ分析だけでなく、棚の重量センサーが組み合わさっている。

この棚のセンサーよって実際に品物が棚からなくなった情報とカメラの映像情報を合わせて、買い物客が何を持ち出したのか分析の精度を上げている。

加えて、棚のセンサーは商品が補充された時の情報も感知できるため、他社の仕組みより精度が高いといえる。

富士通と提携したことで、富士通の開発した「マルチ生体認証」などのデジタル技術とZippinのチェックアウトフリーが組み合わさり、日本市場で強力な製品となると見込まれている。

マルチ生体認証:手のひらの静脈と顔情報で本人を特定する技術

3社の強みを活かしたローソンレジなし店

2020年2月、富士通とZippinの技術を組み合わせたテスト店舗「レジ無し店」をローソンと協力して「富士通新川崎テクノロジースクエア」に設置。

3ヵ月という期間で、利用者は富士通で働く従業員3000人と限定した条件で試験運用をしている。

この店舗ではスマホを持たずに本人特定をする富士通の「マルチ生体認証」とアプリからIDを登録、認証して入店する2つ方法が搭載されている。

入店時の生体認証出店:https://www.fujitsu.com/jp/reimagine/retail/article/interview01/index.html

店内はカメラと商品棚のセンサーで買い物客の動きをZippinのAIシステムが分析。

買い物客が店を出るとアプリから決済が完了。買い物情報がアプリに転送されレシートを表示、もしレシート内容が買い物内容と違っていたら、修正申請が可能。

アプリでレシート確認出典:https://www.fujitsu.com/jp/reimagine/retail/article/interview01/index.html

Zippinだけの仕組みでは専用アプリでID登録を行い、入店時、出店時にアプリで認証を行う必要があった。その認証システムに富士通のマルチ生体認証と決済を行うローソンアプリが加わったことで実現。

ローソンアプリはローソン子会社のローソンデジタルイノベーションが開発。従来のアプリ決済では買い物客が自分でバーコードを読み込み、決済をする仕組みだった。

3社が組み合わさり、「財布なし」「スマホなし」レジなしローソンで買い物が可能となっている。

スマホなし財布無しレジなしローソン出典:https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/02/18-1.html

まとめ

富士通がZippinの独占販売代理店として、小売業に対して大きな影響力を持ちそうな発表。しかもローソンと協力して、すでに実用の形ができている。

小売業でセルフレジの導入が始まって、「レジ係の仕事がなくなる」と言われ始めていましたが、今度は「レジ」がなくなるところに来ています。

数年後にはZippin と富士通、そこに他の小売業が組み合わさり「レジなし店」を目にすることができそうです。

 

参 考

https://www.getzippin.com/blog/fujitsu-zippin-announce-partnership

https://thespoon.tech/fujitsu-and-zippin-partner-to-push-checkout-free-solution-in-japan/

https://thespoon.tech/zippin-raises-12m-series-a-announces-cashierless-cube-store-in-a-box/

https://thespoon.tech/zippin-to-open-cashierless-checkout-convenience-store-at-golden-1-center-arena-in-sacramento/

https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/03658/?P=2

https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/02/18-1.html

https://techcrunch.com/2019/09/16/trigo-raises-22m-for-an-automated-grocery-check-out-platform-similar-to-amazon-go/

https://techcrunch.com/2018/02/27/aifi-emerges-from-stealth-with-its-own-take-on-cashier-free-retail-similar-to-amazon-go/

https://wired.jp/2018/03/30/aifi-cashier-less-system/

アイキャッチ画像:https://www.getzippin.com/about#ourstory

ABOUT ME
Junichi
新しい「食に関する常識」フードテックをわかりやすく要約記事にして配信。twitterで箇条書きで毎日配信 取扱うジャンル: ゴーストキッチン・代替タンパク・キッチンロボ・アグリテックなど 経歴: 大手二輪中古販売店でバイク整備士▶︎ANAの傘下の国際物流部門で貿易業務▶︎日本橋で寿司職人▶︎カナダで海運業務▶︎帰国▶︎外資系倉庫型小売店▶︎パラレルワーカー