オートメーション

自身で清掃もできて、人に頼らず30秒で食事を作る料理ロボットArk 03

  • 110の食材(30はスープやサラダドレッシング)を備え、30秒で料理を作り上げる
  • ロボット自身で調理器具の洗浄、殺菌まで行う
  • 2021年後半にアメリカでプロトタイプストアをオープン予定

人の補助を必要としない料理ロボ

ラトビアに本社を置くロボティクス企業RoboEatzが公開したArk 03は、人の補助を必要としない自律料理ロボ

2020年に発表された多くのキッチンロボは器具の洗浄取り付けなど人の補助が必要な場合が多かったがArk 03はこの点が異なる。ロボット自身で調理器具の洗浄、殺菌まで行う機能がついている。

Ark 03出典:https://roboeatz.com/

24時間無休で販売する小型売店

人通りの多い場所、駅やホテル、ショッピングモールにあるカフェテリアや小型売店(キオスク)は、利便性こそ良いものの、その中の労働環境は決して良いものとは言えない。

多くの場合、店員1人か2人が作業する最低限のスペースだけで、休憩室もないということが珍しくない。しかも、作業は至って決まりきったルーティンワークで、作られる料理や飲み物は常に一定。

駅のキオスク

そのような作業的な飲食業務を担当するロボットを開発したのがRoboEatz

リリースしたArk 03は、200平方フィート(約60平方m)のスタンドアローン型のロボットキオスク。

ロボットアーム型で110の食材(30はスープやサラダドレッシング)を備え、30秒で料理を作り上げる。

対応する料理はスープなどの「温かい料理」とサラダ、フルーツヨーグルトの「冷たい料理」の2つの温度帯で対応可能。さらに作る料理の味をカスタマイズ可能となっており、注文する人に合わせた料理ができるようになっている。

温かい料理 サラダ フルーツヨーグルト

出典:https://roboeatz.com/

料理後に使用した器具の洗浄、殺菌を自身で行うため、コロナ大流行の「非接触」で「細菌感染」を防ぐことができる。

RoboEatzは自社のテクノロジーを他のレストランにライセンス供与する予定。

2021年後半にアメリカにプロトタイプストア

本社のあるラトビアにArk 03を最初の設置、開設するとコメントしており、2021年後半にアメリカでプロトタイプストアができる予定。

限られた狭いキッチンでフードオペレーションを運用するのは、人の雇用、勤務シフト、個人の習熟度など考慮する要素は多く、長期間安定させるには簡単ではない。

さらにコロナの大流行で、接触感染を避けることが求められ、このような料理ロボットに注目が急激に集まることになった。

自律型の料理ロボットを導入することで時間管理や人の雇用問題、感染という問題がなくなり、24時間販売可能な小型売店が運用可能になる。

 

参 考

https://thespoon.tech/roboeatz-shows-off-ark-03-autonomous-robotic-meal-making-kiosk/

アイキャッチ画像:https://roboeatz.com/

ABOUT ME
Junichi
新しい「食に関する常識」フードテックをわかりやすく要約記事にして配信。twitterで箇条書きで毎日配信 取扱うジャンル: ゴーストキッチン・代替タンパク・キッチンロボ・アグリテックなど 経歴: 大手二輪中古販売店でバイク整備士▶︎ANAの傘下の国際物流部門で貿易業務▶︎日本橋で寿司職人▶︎カナダで海運業務▶︎帰国▶︎外資系倉庫型小売店▶︎パラレルワーカー