代替たんぱく質

タイも代替食品が人気

タイも代替食品が人気

タイで植物ベースの代替食品を扱うスタートップ企業が急増しています。

2020年10月はじめにヴィーガンポークを製造しているNR Instant Produce Pcの株が公開した日に、同社の株価は倍になりました。

2016年から同社は植物ベースの調味料、食品原料、粉末たんぱく質などの製造と卸し業者となりました。

知名度の高い食品はジャックフルーツから作られたヴィーガンポークです。

他にコンニャクを使ったインスタント食品などあります。

株公開の当日に約16億バーツ(約53億円)を調達した結果、株価が倍額になりました。

今後はイギリス、アメリカ、中国の市場にしてシェアを拡大予定です。

年間19,000tの生産力を今後2年以内に35%増しする予定とのことです。

また、2024年までに売り上げを30億(約100億円)にする計画です。

 

アジアでも持続可能性に意識が集まり、消費者の意識が変わりつつあります。

アメリカではコロナ大流行で植物ベースの代替肉に注目が集まりました。しかし、それ以前から代替食品への注目は集まりつつありました。

韓国ではヴィーガン人口が3倍になり、香港では若い世代の1/4が肉の食べる量を減らす傾向にあることがわかっています。

今後数年でタイ、韓国、フィリピンなどのアジア各国で植物ベースの代替食品を扱う企業が激増するでしょう。

そうなれば、新しい料理や食品で私たちの生活も変わっていくでしょう。食べる楽しみが増えるのは嬉しいですね。


参考HP:

NRF flaunts vision

Thailand IPO: First Plant-Based Company Listing As Vegan Trend Takes Over

Jackfruit, vegan meat

ABOUT ME
Junichi
新しい「食に関する常識」フードテックをわかりやすく要約記事にして配信。twitterで箇条書きで毎日配信 取扱うジャンル: ゴーストキッチン・代替タンパク・キッチンロボ・アグリテックなど 経歴: 大手二輪中古販売店でバイク整備士▶︎ANAの傘下の国際物流部門で貿易業務▶︎日本橋で寿司職人▶︎カナダで海運業務▶︎帰国▶︎外資系倉庫型小売店▶︎パラレルワーカー